猫の歯の病気

歯肉口内炎

猫の歯肉口内炎

猫特有の口の痛みの病気です。

歯肉や口の中の粘膜が炎症を起こし、

よだれ、口臭、出血、痛みによる食欲不振や体重減少などの症状を引き起こします。

はっきりと解明されてはいませんが、ウイルス感染や口腔内の細菌感染が関わっていると考えられています。

 

食欲はあるのに食べにくいため痩せてきた(猫・Mix)歯科症例87

口が痛くて食べられない(猫 11~12才位)歯科症例112

 

猫破歯細胞性吸収病巣<FORL>

猫の破歯細胞性吸収病巣

猫に特有のもう一つの病気です。

歯を溶かしていく、進行性の疾患で進行すると歯の象牙質や歯髄が露出し痛みを引き起こします。

 

痩せてきた・歯肉が赤いような気がする(猫・10才2カ月)歯科症例95

食べる時に顔を傾ける(アメリカンカール・12才2カ月)歯科症例105

京都市 左京区 動物病院 とよだ動物病院 歯科