歯のぐらつき・口臭・痛み<重度歯周病・口腔鼻腔ろう>(ミニチュア・ダックスフンド 9才)歯科症例122-②

歯科治療

 

歯神経ブロック

 

右上顎の抜歯と縫合処置

 

右下顎第1後臼歯の処置

この歯は2根歯(歯の根元が2本に分かれている歯)で、2本に分割してから抜歯します。(写真右は分割後)

 

縫合

 

抜歯窩は、きれいに洗浄し、歯槽骨をトリミング後、縫合しました。

なめらかにトリミングし丁寧に縫合することで、処置後の痛みや不快感を軽減します。

 

ルートプレーニング

歯周ポケットの中を、1本ずつきれいにしていきます。

 

ポリッシング

フッ素配合の研磨ペーストを使用し、歯の表面をつるつるに磨くことで、

汚れが付きにくくなり、お口を健康に保ちやすくします。

 

ポケットの深かった部分に歯科用軟膏を注入し、処置は終了しました。

 

歯のぐらつき・口臭・痛み(歯科症例122-③)へ

2020年10月03日