鼻水やくしゃみが出る

歯周病は歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を溶かして進行していきます。

これが上顎歯に起こると、歯槽骨が溶け鼻腔まで到達し、トンネルのような状態になります。

これを口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)と言います。

口の細菌が鼻にまで達することで、慢性的な炎症が起こり、膿状の鼻水やくしゃみ、涙が出ます。

根治の為には原因となる歯の抜歯が必要です。

 

次の症例は、くしゃみをすると鼻から緑色の膿が出ると来院されました。

口の中を確認すると、左上顎犬歯部分に穴が開き、口腔鼻腔瘻が形成されていたわんちゃんの例です。

歯科症例98